源太先生とは一体なにもの?

源太先生とは一体なにもの?

オンライン講座を受けているのでやはり講師の質が大事になってくるのは当たり前のことだと思います。大した実績もないのに講師をしていたら、生徒はこの人のやり方で大丈夫なのかなあとか不安を覚えてしまうのは当間のことになってきますからね。

では源太流先乗り株カレッジを率いてる源太先生とはどんな人物なのか?経歴やパーソナルな部分を含めてご紹介したいです。

大岩川源太さんの経歴は?

大手証券会社のディーラーとして勤務して日に数億の利益をもたらしている凄腕のディーラーがまず実績になります。その後は各種証券会社や投資銀行などのアドバイスを行っており、株式投資の世界では40年間程度活躍している超ベテランです。

まず40年というのが凄いですね。継続は力なりと言いますが、まさしくそれを完全なまだに体現化していると思います。どんなことでも40年も前線いるのは力がなければなりません。

それに結果が求められる株式投資の世界ですからなおさらです。これが細かな経歴となります。では逆にパーソナルな部分に触れていきましょう

コミュニケーションを大事にする

株式投資の講師だとデジタル一直線に思われがちですが、意外と源太先生は直接のコミュニケーションを大事にするタイプです。それはスクールにも出たおり、生徒を含めて最近の銘柄はどうなのかとディスカッションしていきます。

これがデジタルな考え方の方ならメールで送信すればいいだけの話になりますからね。それを生徒同士でディスカッションさせるというのはコミュニケーションを大事にしている証拠となります。

オフラインでの交流会もあり

ここでいうオフラインというのは直接会うことを指します。オンラインでインターネットを通してとかそういうのではなくてですね。普通に会ってお話をしてさらのコミュニケーションを深めていこうというものです。ここにはやはり源太先生の考えもあって投資は孤独になりやすいので仲間を作るという意味でもこうした交流会の機会を作っているそうです。オンラインだけだと辛くなりますからね。

しっかりと参加した生徒を孤独にさせず稼がそうとしている気持ちが伝わってくると思います。

源太先生のまとめ

凄腕の投資家でありながら講師としても一流です。専門の会社から講演の依頼が来るくらいですからね。デジタルな一面だけかと思えばアナログな一面を持っており人との関わりを重要視する方と言えます。

戦友たちとの結束は抜群

6ヶ月の期間一緒に勉強をすることになるのですが、それで縁が切れるわけではありませんし、もっと伸びていくという可能性もあり得ます。そういうのを友だちっていいませんかね?冒頭に話した通りに社会人になると利益関係が優先されてしまって中々友人が作れない状況にいます。 新しい仲間が増えることが社会人になって来てから増えることは素敵じゃないですか?

稼いでる稼いでないは関係ありませんよ!

もちろん人間なのですから早くに結果を出す人、結果が出るのが遅い人ってそれぞれいると思います。会社員のように結果を出し続けている人だけで遊ぶとかそんなこともないですし、むしろ結果が出ていない人にはどうすればいいかと真摯なアドバイスを送ってくれるくらいです。

そういう仲間が手に入ります。仲間の中には上下関係はないので本当にこの歳でフラットな友人が出来るとは思ってもいませんでしたよ!(いくらフラットな関係とは年齢が上の人は当然いるのでそれに慣れなれしく接していいとかそういう訳ではありません(笑)

TOPページを見る